車の走行距離について

車の走行距離って気になりますよね。昔は確か10万キロが車の寿命だと誰かに
教えられた気がします。でも考えてみるとその時に比べると今は車の性能だとかが
明らかに違うのでもっと走れるとは思います。ある番組で中古車を改造して乗るみたいな
企画があったのですがその時に使われて車が確か15万キロぐらいだったと思います。
まあ当然ある程度の目安ということで10万キロを超えていたら走れなくなるというわけでは
ないと思いますが。ただ昔バイクに乗っていた時に明らかに走行距離が行き過ぎているのに
乗っていた時に突如止まった時には焦りました。乗る前とかに故障が発覚すればそれは
まだいいのですが走っている最中とかにいきなり壊れるとビックリしますよね。
今はロードサービスだとかそういう業者が現場に来てなんとかしてくれるという流れが
簡単にできるようになっていますが昔はそういうこともなかったので近くのお店の
駐車場をお借りして後日自分で軽トラを運転して取りに行くなんてこともありました。
故障するというのが事前にわかればいいのですが、そうではないですからね。
そういうことを考えるとやっぱり走行距離というのはその車だったりバイクだったりの
状態を知る一つの目安になると思うわけです。少ないに越したことはないですね。

カテゴリー: 独り言 パーマリンク